トップ > 志津図書館 映画上映会第17回*『旅するシネマ』の中止について

志津図書館 映画上映会第17回*『旅するシネマ』の中止について

志津図書館 映画上映会第17回*『旅するシネマ』の中止について


*1月に中止した第17回『アポロ13』に替わり、第17回として2月に開催を予定していた『マンマ・ミーア!』は、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、中止することとなりました。
楽しみにしていただいていた皆様には、2回連続の中止となり、大変申し訳ございませんが、ご理解いただきたく、お願い申し上げます。



西志津ふれあいセンター&志津図書館
映画上映会 第17回*「旅するシネマ」を開催します!

今回は、エーゲ海に浮かぶ美しい島への旅をご案内します。

1.日時    2022年2月20日(日曜日)14:00~16:00(開場13:30)
2.上映作品  『マンマ・ミーア!』
        108分/2008年
        監督:フィリダ・ロイド
        キャスト:メリル・ストリープ アマンダ・セイフライドほか
父親を知らないソフィの夢は、お父さんとバージンロードを歩くこと。母親の日記から3人の父親候補を知り、結婚式の招待状を送ったら…。ABBAのナンバーにのせておくる大ヒットミュージカルの映画化です。
3.会場    西志津ふれあいセンターホール(佐倉市立志津図書館2階)
4.入場料   無料
5.定員    先着30名(要事前申込・2022年2月5日9:00受付開始)
6.申込先   志津図書館に来館、電話(043-488-0906)もしくは、ちば電子申請サービスにて、氏名・ご連絡先電話番号をお知らせの上、お申込みください。
※来館・電話によるお申し込みは開館日の9:00~17:00にお願いします。

過去の上映作品紹介

 

第16回(2021年11月21日)上映作品

コーリャ 愛のプラハ
111分/1996年/チェコ
監督:ヤン・スヴェラーク
キャスト:ズデニェク・スヴェラーク他
社会主義崩壊直前の旧チェコスロバキア。独身を通してきた中年のチェリスト・ロウカと、ロシア人の母親に置き去りにされた男の子・コーリャの交流を描くハートフル・ストーリー。チェコ映画界を代表するズデニェク・スヴェラークの主演・脚本、その息子であるヤン・スヴェラークが監督をつとめ、1997年アカデミー賞最優秀外国語映画賞など数々の賞に輝いた作品です。
 

第15回(2020年11月20日)上映作品

酔拳
111分/1978年/中国
監督:ユエン・ウーピン
キャスト:ジャッキー・チェン他
ジャッキー・チェンの出演作にして最高傑作の今作は、カンフー映画を語る上で欠かせない1作でもあります。酔えば酔うほど強くなる”酔八拳”を習得したジャッキーのユニークな動きと、舞踊のような立ち回りは『燃えよドラゴン』のブルース・リー以来の衝撃とも。今作でジャッキーは一躍スターの仲間入りを果たしました。カンフー道場のウォン・フェイウォンは練習を真面目にしないどころか、街に出ればいたずらばかりの放蕩息子。見かねた父親は、彼をカンフーの達人ハウ・ハッイーに預けます。厳しい修行で有名なハウのもとで、彼は”酔八拳”を受け継ぐ後継者として厳しい修行に励みます。そして遂に奥義”酔八拳”を習得するときが・・・。
 

★第14回(2019年1月24日)上映作品

『ブルックリン』
112分/2015年
監督:ジョン・クローリー
キャスト:シアーシャ・ローナン
アイルランドからアメリカに渡った一人の移民の少女の成長を瑞々しく描いた秀作。一人の女性として故郷への思いと愛に揺れながら、自立した女性へと成長していく姿を美しい映像で瑞々しく描いた今作は、アカデミー賞で主演女優賞など3部門がノミネートされました。
 

★第13回(2019年6月28日)上映作品

初恋のきた道
89分/2000年
監督:チャン・イーモウ
キャスト:チャン・ツィイー他
中国映画界の巨匠チャン・イーモウがチャン・ツィイーを主人公にすえた純愛ラブストーリー。中国の寒村を舞台に少女の初恋をみずみずしく描いた今作は、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞しました。一途に恋する人を待ち続ける少女を演じたチャン・ツィイーはこの作品で映画デビュー。初々しくも可憐な表情は必見です。
 

★第12回(2019年5月24日)上映作品

いつか晴れた日に
136分/1995年
監督:アン・リー
キャスト:エマ・トンプソン、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・グラント他
女性に相続権がなかった時代。対照的な性格の両家の姉妹が、家督相続権争いなど様々な問題を乗り越えて、真実の愛に巡り合うまでを描いた王道ラブストーリー。ジェーン・オースティンの『分別と多感』を主演のエマ・トンプソン自身が脚本化し、アカデミー脚本賞を受賞しました。監督はこの作品でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した名匠アン・リー。
 

★第11回(2019年4月19日)上映作品

ノー・マンズ・ランド
98 分/2001年/
監督:ダニス・タノヴィッチ
キャスト:ブランコ・ジュリッチ、レネ・ビトラヤツ他
敵対する兵士3人の交流、無力な国連軍、話題性ばかりを追うマスコミの姿を、実際に最前線を体験した監督がユーモラスかつ冷徹に描くことで、戦争の愚かしさを浮き彫りにした傑作です。ボスニア紛争真っ只中の1993年、ボスニアとセルビアの中間地帯〈ノー・マンズ・ランド〉に取り残されたボスニア軍兵士チキとセルビア軍兵士ニノ。お互い殺すか殺されるか一触即発状態の中、二人の間に心を通わせる時間が幾たびか訪れますが・・・・。衝撃的なラストが心にずしりとのしかかります。

★第10回(2019年3月23日)上映作品

モスクワは涙を信じない
142 分/1979年/旧ソ連
監督:ウラジミール・メニショフ
キャスト:ヴェーラ・アレントワ他
今でも多くのロシア人が「最も好きな映画」の一つにあげる群像メロドラマ。夢と希望を抱いて、モスクワにやってきたカテリーナ。彼女は工場で働きながら、学位を取得しようと学校に通っています。ある日、エリートが多く集まるパーティーでテレビカメラマンのルドルフと恋に落ちますが・・・・。今作のタイトルは「涙を流したってどうにもならないよ」という意味のロシアのことわざ。このことわざを地で行く彼女たちの姿に励まされること間違いなしの一作です!
 

★第9回(2019年2月23日)上映作品

惑星ソラリス
160分/1972年/旧ソ連
監督:アンドレイ・タルコフスキー
キャスト:ナタリア・ボンダルチュク他
映画史に名をのこすSF映画の傑作。人間の潜在意識を探りだし実体化させる惑星ソラリスの”海”とその”海”に捉われ、狂気を増していく人間の姿を描く。近未来の情景に当時の日本の首都高が使用されている。原作はポーランドの作家スタニスワフ・レムの代表的小説「ソラリスの陽のもとに」。

★第8回(2019年1月26日)上映作品

LIONライオン~25年目のただいま~
119分/2016年/オーストラリア
監督:ガース・ディビス
キャスト:デブ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン他
5歳の時にインドで迷子になり、オーストラリアで養子となってから25年後に自らの手で実の家族を探し出した実話を、「英国王のスピーチ」の制作陣が映画化。探すための道しるべとなってくれたのがGoogle Earth。現代的な問題も織り込みながら、家族、そして自分自身を探し出す旅の果てにたどり着く青年の心の軌跡を描いた作品。
 

★第7回(2018年12月15日)上映作品

クリスマスフェスタ2018特別バージョン2本立て
(1)ムーミン谷とウィンターワンダーランド
86 分/2017年
監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン
キャスト(声の出演):宮沢りえ、森川智之、神田沙也加他
世界中で愛されるトーベ・ヤンソン作『ムーミン』のパペットアニメーション。木の葉が舞い落ち、冬の気配が高まるムーミン谷で、いつもは冬眠するムーミンが初めて「クリスマスさん」に出会います。”クリスマスさんって誰?どんな人?”デジタルリマスター化された美しい映像はファン必見です。
(2)不滅の恋/ベートーヴェン
120分/1994年
監督:バーナード・ローズ
キャスト:ゲイリー・オールドマン、イザベラ・ロッセリーニ他
ベートーヴェンの不滅の恋人とは誰だったのか。遺書に残された「不滅の恋人」の謎を大胆な仮説をもとに描く恋愛ミステリー。聴覚障がいを患いながら、愛と音楽に生きたヴェートーベンの波乱の生涯を数々の名曲と共に描きます。
 

★特別編屋上映画館(2018年11月2日)上映作品

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
103分/2016年
監督:ロジャー・スポティスウッド
キャスト:ルーク・トレッダウェイ他
ホームレス同然のストリートミュージシャンが一匹の猫との出会いによって、立ち直り、再生していく姿を感動的に描いた今作は、実話がもとになった作品。世界的ベストセラーとなったノンフィクション『ボブという名のストリートキャット』を、「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」のロジャー・スポティスウッド監督のメガホンで映画化。
 

★第6回(2018年10月26日)上映作品

バグダッド・カフェ完全版
108分/1993年
監督:パーシー・アドロン
キャスト:マリアンネ・ゼーゲブレヒト他
心優しき人々が織りなす、ちょっとした奇跡を描いた今作は、映画ファンの間で必ず名作としてあがる珠玉の一作。砂漠にたたずむさびれたモーテル「バグダッド・カフェ」を舞台に、ドイツ人女性ジャスミンをめぐる人々の交流は観客の私たちの心も癒してくれます。
 

★第5回(2018年9月7日)上映作品

ウェディング・バンケット
108分/1993年
監督:アン・リー
キャスト:ウィストン・チャオ他
2度のアカデミー賞監督賞を受賞した名匠アン・リーの初期の代表作。ニューヨークで成功したゲイの台湾人男性とその恋人、偽装結婚相手、そして台湾から来た両親を中心に据えたヒューマンドラマでベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。
 

★第4回(2018年8月12日)上映作品

マダム イン ニューヨーク
134分/2012年
監督:ガウリ・シンデー
キャスト:シュリデヴィ他
世界中の女性に圧倒的に支持され、大ヒットしたインド映画。自分のことより子どもや夫を優先させているうちに、自分に自信が持てなくなっていた専業主婦の主人公が、一人旅のニューヨークで英語教室に通いだしたことで、一人の女性として誇りと自信を取り戻していきます。自分を取り戻していく様子は爽快かつ感動的で、女性でなくとも大きな勇気をもらえる映画になっています。

★第3回(2018年7月27日)上映作品

ミツバチのささやき
99分/1973年
監督:ビクトル・エリセ
キャスト:アナ・トレント他
スペイン内戦後を生きる少女の幻想と現実を圧倒的な映像美で描き、巨匠ビクトル・エリセ監督の名を世界に知らしめた作品です。フランコ独裁政権下の厳しい検閲を受けながら、政権への批判を少女、少女の家族を通して暗喩的に表現しています。
 

★第2回(2018年6月15日)上映作品

ローマの休日
118分/1953年
監督:ウィリアム・ワイラー
キャスト:オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック他
今なお世界中に愛される恋愛映画の最高傑作。オードリーの魅力がつまった今作は、ローマの観光ガイドとしても楽しめる作品。オードリー演じるアン王女と新聞記者ジョーの身分違いの恋がローマの美しい風景の中で繰り広げられます。
 

★第1回(2018年5月25日)上映作品

『そして父になる』
125分/2013年
監督:是枝裕和
キャスト:福山雅治ほか
『誰も知らない』などの是枝監督が”子どもの取り違え”というショッキングな出来事に遭遇した二組の家族の姿を通して、家族、そして親子の意味を問うヒューマンドラマ。福山雅治が初の父親役を演じたことも話題になり、カンヌ国際映画祭でも審査委員賞を受賞し、国際的にも高い評価を得た作品です。
 

掲載日 令和4年2月1日 更新日 令和4年2月2日
【アクセス数