このページの本文へ移動
トップ利用案内> 図書館資料ご利用にあたってのご注意

図書館資料ご利用にあたってのご注意

図書館資料ご利用にあたってのご注意

  多くの方に、円滑にご利用いただくために、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

返却予定日を過ぎたままの資料がある場合、貸出停止の手続きを行います。

  貸し出し停止となった場合、延滞資料が返却されるまで新たな資料の貸出を受けることが出来ません。

  予約資料もすべて解除となります。ご了承ください。
 

利用している方が資料を紛失、破損等をされた場合は弁償をお願いいたします。詳細は下記のとおりです。

  利用者が、図書館資料、設備器具等を亡失し、汚損し、又はき損したときは、現品又は相当の対価をもって弁償しなければならない

  (佐倉市立図書館の管理運営に関する規則第6条より)

 

予約資料のとりおき期間は1週間です。期間を過ぎた場合、予約は解除となります。

  予約状況は窓口か電話(貸出カードが必要)、または図書館ホームページ(事前に暗証番号の登録が必要)でご確認できます。

 

貸出資料の延長は、返却予定日までに図書館へお申し出ください。

  • 本や雑誌のみ、1回延長できます。
  • 予約が入っている資料、市外からの借用資料、視聴覚資料の延長はできません。
  • 貸出期間内に申し出た日から15日間の延長になります。
  • 貸出期間内に、カウンターまたは電話でお申出ください。
  •   パスワード発行がお済みの方は、館内の利用者端末や図書館ホームページ(パソコン・携帯電話)で、ご自身の貸出状況(今かりている資料)の確認画面から延長をすることができます。

掲載日 平成29年12月18日
【アクセス数